HOME > ニュースリリース > イッツコムの全営業車両192台にドライブレコーダーを設置 事...

ニュースリリース

イッツコムが提供する■サービスのご案内■ユーザーサポート■イッツコムch番組表

NEWS RELEASE
2012年4月6日
イッツ・コミュニケーションズ株式会社
 

イッツコムの全車両192台にドライブレコーダーを設置
事故防止対策、エコドライブ、地域の防犯対策を推進します。
 
 イッツ・コミュニケーションズ株式会社(以下、イッツコム 東京都世田谷区、社長:市来利之)は、事故防止対策、エコドライブ、防犯対策などを推進するため、4月13日から全車両192台にドライブレコーダー(※1)を順次導入します。
 
 イッツコムでは安心・安全で住みよい街づくりを目指すため、これまでタクシー、バス、トラックなどの運送車両を中心に車両事故の瞬間を記録・分析する装置として普及してきたドライブレコーダーをサービスエリア内を走る全車両に導入し、安全意識のさらなる向上や、記録データを安全運転指導へ活用するなどの事故防止対策、また、万が一発生した事故の際には、詳細な記録データを用いた事故当事者間の事後処理の簡略化(※2)などに活用していきます。さらに、今回導入するドライブレコーダーは車両挙動(速度・加速度)、運行ルート情報なども記録されることにより、地域・環境に配慮したエコドライブへの意識向上に役立てると考えています。
 
 イッツコムでは、2008年より全営業車両に「こども110番の車」ステッカーをはり、地域の子ども達の安全を見守ってきました。今回さらに、イッツコムエリア内を走行するイッツコムの全車両にドライブレコーダーを設置し、映像を記録(※3)することで、移動式防犯カメラとして防犯対策の推進にも寄与できるものと期待しています。
  今後もイッツコムは、地域の皆様に「安心」と「快適さ」をお届けし、お客さまにご満足いただけるサービス・生活環境を創造していきます。
 
以上
 
【導入車両数】192台
【品 名】カメラ一体型ドライブレコーダー  BU-DRR401 (YUPITERU)
【収集データ】前方映像、運行ルート、位置情報、速度、加速度
        ※保存:SDカード 2GB
 (イベント記録最大100件、連続記録約100時間の映像を記録)
【機 能】
① 記録媒体(SDカード)に運行ルート、速度などの運行情報を記録
② 事故等の衝撃が発生した時には、その前後画像を自動記録
③ GPSが搭載されており、時間と位置情報を地図画面上で確認でき、その時の運転状況の把握が可能

*イッツコム サービスエリア*
 東京都:渋谷区、世田谷区、目黒区、大田区、町田市
 神奈川県:横浜市(青葉区、都筑区、港北区、緑区)  川崎市(宮前区、高津区、中原区) 
   
モニタリング画面(管理者用) 前)営業車両 奥)工事車両 工事車両(バケット車)

 ※1.ドライブレコーダーを活用した総合運用管理の「テレマティクスサービス」を導入(サービス提供元:三菱オートリース)
※2.警察当局などの公的な目的による要請で開示が必要な場合を除き記録映像を第三者へ開示・提供することは無く、またその取扱いに関してはイッツコムの「個人情報保護方針」に基づき厳重に管理・取扱いを行います。
※3.撮影範囲については、車両正面の公道とし、プライバシーの保護等の調和を図り、適切な管理・運用を行っていきます。  
 
 

このページの先頭へ