HOME > ニュースリリース > BCAOアワード2014 事業継続部門「大賞」受賞のお知らせ...

ニュースリリース

イッツコムが提供する■サービスのご案内■ユーザーサポート■イッツコムch番組表

NEWS RELEASE

2015年3月10日
イッツ・コミュニケーションズ株式会社

BCAOアワード2014 事業継続部門「大賞」受賞のお知らせ
~ 訓練を通じた事業継続力の向上および事業継続の推進と経営戦略と連動した事業継続マネジメント ~

 イッツ・コミュニケーションズ株式会社(本社:世田谷区、社長:市来利之 以下、イッツコム)は、特定非営利活動法人 事業継続推進機構が主催するBCAOアワード2014(※1)において、大賞(事業継続部門)を受賞いたしましたことをお知らせいたします。

選考において重視いただいた点 (BCAOの発表資料より)
 イッツコムは、東日本大震災を契機に、「東商版BCP策定ガイド(※2)」に準拠したBCP(事業継続計画)を策定し、特徴ある図上訓練・実働訓練を実施している。その中で「事業継続成熟度モデル」の基準を作成し、BC訓練監査を行っている。また、経営者自らが関与し、中長期の成長戦略に対してBCの視点を連動させている。さらに、同業他社および取引会社6社と「お互いさまBC連携協定(※3)」を締結し、災害時だけでなく新たな事業の連携を図っている。

 イッツコムは、東急線沿線を中心とした約78万世帯(2015年2月末現在)のお客さまに、テレビ・インターネット・電話などのサービスを提供する地域のインフラ事業者として、自然災害、疫病・伝染病、情報セキュリティ問題など個別の事象を対象とせず、事業を脅かすすべての事象に適応できる事業継続力の強化を図っております。また、社内・社外での各種訓練を通じて、組織・行政・地元自治体の減災活動を推進させながら、各組織体とのパイプづくり、ヒューマンネットワーク構築につなげていきたいと考えております。
 
今回の大賞受賞は、これらの取り組みを評価いただいたものと考えており、今後も事業継続力の向上に邁進していきます。

以上

※1. 日本での事業継続(Business Continuity 以下、BC)普及に資するため、BCの普及に貢献もしくは実践した個人及び団体への表彰です。本アワードは2006年度に創設され、今回が9回目の表彰となります。標準化・公開のような活動や普及、調査研究などBCの普及に貢献した方、もしくは自らの取り組みとして事業継続計画(BCP)の策定・運用、体制整備・人材育成および点検・訓練・改善を含めた実践の実績を表彰し、それらの成果を広く知らしめることを目的とします。 ( www.bcao.org/ )  
※2. 「東商版BCP策定ガイド」 
www.tokyo-cci.or.jp/survey/bcp/file/bcp_130314a.pdf (東京商工会議所HPより)
※3. 災害発生時における各種応援や復旧活動に必要とする情報を互いに提供するなどの内容を盛り込んだ協定

このページの先頭へ