HOME > ニュースリリース > 12月1日より開始の「新4K8K衛星放送」の配信を決定 ~ケ...

ニュースリリース

イッツコムが提供する■サービスのご案内■ユーザーサポート■イッツコムch番組表

NEWS RELEASE

2018年10月18日

イッツ・コミュニケーションズ株式会社

光ファイバー回線を使った「イッツコムひかり」のテレビサービスで高精細かつ、臨場感のある映像をお届けします

12月1日より開始の「新4K8K衛星放送」の配信を決定

ケーブルテレビで新BS 4K放送が視聴可能に!4K専用チューナーも提供開始

イッツ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:嶋田創 以下、イッツコム)は、光ファイバー(FTTH)回線を使った「イッツコムひかり」のテレビサービスにおいて、2018年12月1日(土)より始まる4K・8K実用放送である「新4K8K衛星放送」の配信を開始いたします。

「イッツコムひかり」のテレビサービスでご覧いただける「新4K8K衛星放送」は、BS4K放送5チャンネル、BS 8K放送1チャンネルから提供を開始し、同一周波数パススルー方式(※1)で配信いたします。

現行の衛星放送とは異なる規格で放送される「新4K8K衛星放送」を視聴するには、4K対応チューナーまたは8K対応チューナー内蔵の「4Kテレビ」か「8Kテレビ」が必要になります。ただし、4K対応チューナーまたは8K対応チューナーを内蔵していない「4K対応テレビ」や「8K対応テレビ」の場合は、別途4K対応チューナー、8K対応チューナーが必要です。そこで、イッツコムでは、この「新4K8K衛星放送」の配信開始にあわせて、4Kの新しい規格に対応した受信機(4K専用チューナー)をイッツコムひかりのテレビサービス「イッツコムTV」のお客さまを対象に従来の専用チューナーレンタル料にプラス500円の月額1,600円(台/税抜)からご利用いただけるサービスを開始予定です。(※2)

イッツコムは、2017年4月よりサービスエリア全域のFTTH(光ファイバー)化に着工し、2018年12月の「新4K8K衛星放送」開始に備えて取り組んでまいりました。新たに始まる「新4K8K衛星放送」配信に伴い、お客さまにより高精細で臨場感のある映像コンテンツをケーブルテレビで簡便に楽しんでいただくことで、より快適なデジタル放送環境の提供を目指します。

以上

  • ※1 ケーブルテレビ局が受信した地上・BSデジタル放送をそのまま送信する方式。「パススルー®」は、マスプロ電工株式会社の登録商標です。
    イッツコムひかり導入済み集合住宅においては、イッツコムによるBSパススルーの信号提供がある場合のみご視聴いただけます。
  • ※2「新4K8K衛星放送」のご視聴にあたり、4K専用チューナーのほか、「4K対応テレビ」が必要となります。

◇BS-新4K8K衛星放送 提供予定チャンネルについて◇

◆対象コース:イッツコムひかりのテレビサービス「イッツコムTV」全コース(施設利用サービスを含みます)

◇「イッツコムTV」4K専用チューナーについて◇

◆月額料金(表示価格はすべて税抜)

  • ・4K STB をご利用の場合 (パナソニック TZ-LT1000BW)(2018年12月提供開始予定)
    月額1,600円/台 (内訳:STBレンタル料(1,100円)+専用チューナー4Kオプション(500円)]
  • ・4K Hit Pot をご利用の場合(パナソニック TZ-HT3000BW)(2019年2月以降提供開始予定)
    月額2,500円/台[内訳:Hit Potレンタル料(2,000円)+専用チューナー4Kオプション(500円)]

※ 別途端末設置費用がかかります。(初回のみ)

◆対象コース:イッツコムひかりのテレビサービス「イッツコムTV」全コース(施設利用サービスは含みません)
※ 4K専用チューナーご利用の場合、各地のケーブルテレビ局が制作した4K画質の番組などをお届けする4K専門チャンネル『ケーブル4K』(C401ch)をご覧いただけます。

「イッツコムTV」で提供する 4K専用チューナー
[CATVデジタルセットトップボックス]について

4K STB(Panasonic製)

  • 品 番
    TZ-LT1000BW
  • 内蔵HDD
  • 使用電力
    AC100V、 50/60Hz
  • 消費電飾
    約17W

4K Hit Pot(Panasonic製)

  • 品 番
    TZ-HT3000BW
  • 内蔵HDD
    2TB
  • 使用電力
    AC100V、 50/60Hz
  • 消費電飾
    約21W

◆4K Hit Potの主な特徴

  • ① 新4K衛星放送 トランスモジュレーション/パススルーの両受信方式に対応
  • ②「STB置き換えダビング」機能で、STB交換後も録画済み番組を継続視聴
  • ③ 無線LAN子機を標準搭載。
    リモート視聴や、ホームネットワーク機能、Hybridcast等ネットワークを利用した機能を簡単に利用可能
  • ④ トリプルチューナー搭載(新4K衛星放送対応は1チューナー)
    2番組録画に加え、さらに別の番組も視聴可能
  • ⑤ 充実の基本機能(長時間録画、ダビング、クラウドサービス など)
  • ※ 一部機能はソフトウェアダウンロードにて対応予定です。
  • ※ ①②は4K STB共通。

ご利用に関する詳細は、ホームページやガイド誌などで順次ご案内させていただきます。

このページの先頭へ