ホームへ

2003年7月10日

イッツ・コミュニケーションズ株式会社
YOUテレビ株式会社
横浜ケーブルビジョン株式会社

イッツコム、YOUテレビ、横浜ケーブルビジョンの3社が、
相互接続ネットワークを活用し、コミュニティチャンネルで共同生中継を実施

〜全ての放送サービスにおける共同HE構築を目指す〜

  イッツ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:伊原光孝、以下:イッツコム)、YOUテレビ株式会社(本社:神奈川県横浜市鶴見区、社長:館岡精一、以下: YOU)、横浜ケーブルビジョン株式会社(本社:神奈川県横浜市旭区、社長:盒郷隆、以下: YCV)は、3社間の相互接続ネットワークを活用し、IP伝送技術を用いた、番組の共同生中継を実施いたします。

  この共同生中継は、ある1社が生中継を行う番組(放送素材)を、MPEG2のトランスポートストリームに変換し、3社間でループ状に構築してある光ファイバーネットワーク上でIP伝送することにより、他の2社でも同じ番組(放送素材)を同時に生中継できるもので、マルチキャストでの運用も可能です。

  共同生中継の第一弾として、7月27日に横浜市旭区(YCVエリア内)で開催される「2003旭ジャズまつり」を放送いたします。また、8月にはイッツコムエリア内での花火大会や、YOUエリア内での「鶴見川いかだフェスティバル」を、それぞれ共同生中継いたします。

  イッツコム、YOU、YCVの3社は2001年11月の3社間業務提携の合意以降、インターネット接続のハウジングサービスの提供を始め、番組の相互乗り入れや共同編成、IP電話サービスの共同展開(2003年12月商用サービス開始予定)に取り組んでまいりました。

  また、日本デジタル配信株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:河村浩)の配信する「BSデジタルサービス」「CSデジタルサービス」を、3社歩調を合わせ提供するなどサービスの共通化を図ってまいりましたが、今回の共同生中継のシステム導入により、全ての放送サービス提供のための共同ヘッドエンドの構築に向けて一歩踏み出したことになります。

  3社は、今後さらに相互接続ネットワークを活用し、通信、放送、あらゆる分野での提携を強化していくと共に、新たなサービスの共同開発などを目指してまいります。

以 上


【参考資料】
3社のコミュニティチャンネル視聴可能世帯数

閉じる


Copyright