ホームへ

2006年3月16日

イッツ・コミュニケーションズ株式会社
株式会社東急レクリエーション

 

日常(TV+NET)と非日常(劇場)の融合で
「いつも映画のある生活」を提案
〜放送・通信・映画館が融合したヴァーチャル/リアル統合型相互プロモーションを実施〜

 

  イッツ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:野本弘文、以下イッツコム)と、株式会社東急レクリエーション(本社:東京都渋谷区、社長:長谷川勝弥、以下東レク)は共同で、お互いが持つ映画コンテンツを核とした共同プロモーションを実施します。

  東レクが運営する映画館では、共同プロモーション専用チラシ・ポスターを設置し、イッツコムが提供するケーブルテレビ映画専門チャンネル及びインターネットヴァーチャル映画館(“qnai” Theater注1)の紹介を行います。一方、イッツコムでは、自社インターネットポータルサイト内に共同プロモーション特設ホームページ「CINEMA ZONE」(http://www.itscom.net/promo/cinema_zone/index.html)を設置し、両社サービスに関する最新トピック、映画コンテンツ情報を紹介します。更に、イッツコム有料サービス利用者の方限定で毎月100名に東レクの劇場映画鑑賞券をプレゼントし、劇場へ誘導する機会を創出します。

  劇場に設置される専用チラシでは、イッツコムのケーブルテレビ映画専門チャンネルの中から「今月のオススメ映画100」を紹介し、リアルである劇場に実際に足を運んでいただいた映画ファンへ、自社の映画関連コンテンツを中心とした訴求が可能となります。東レクはイッツコムポータルサイト内のヴァーチャル映画館や特設ホームページを通じて、劇場の認知度向上及び誘導を図ります。映画ファンの方に、日常・非日常を問わず映画に触れられる生活スタイルの提案を目指していきます。

  実施につきましては、3月10日に渋谷東急、渋谷TOEI△鯊仂櫃忙邱圓掘17日の109シネマズグランベリーモールのオープンにあわせて本格実施へ移行します。

注1 「”qnai”Theater」はイッツコムが運営するポータルサイトhttp://www.itscom.net)で展開する動画を配信するしくみです。東レクが運営する実際の映画館をもとにデザインされ、劇場ロビー(プロモーション領域)とシアター(コンテンツ領域)で構成されています。シアター領域では、東急系劇場で上映される映画の予告やメイキング映像、及び加入者限定の無料での映画配信を行っています。

【本件に関するお問合せ先】
イッツ・コミュニケーションズ株式会社
http://www.itscom.jp
http://www.itscom.net
経営統括室 経営グループ
三宅・池田
TEL 044-820-7502
E-mail: release@itscom.jp
株式会社東急レクリエーション
http://www.tokyu-rec.co.jp
http://tokyucinemas.net
http://109cinemas.net
映像事業部
春山
TEL 03-3462-8863
E-mail: akiko_haruyama@tokyu-rec.co.jp

以 上

参考資料


閉じる


Copyright