ホームへ

2008年9月30日
横浜市青葉区役所
イッツ・コミュニケーションズ株式会社
横浜コミュニティ放送株式会社

地域メディアとの連携強化による「安全・安心のまちづくり」の推進!
青葉区とケーブルテレビ「イッツコム」、コミュニティFM「FMサルース」は
防災に関する協定を締結します!!

青葉区では、区政運営の重点施策の一つとして「暮らしの安全・安心を支えます」を目標に掲げ、地域が主体となって行う「防犯」「防火」「防災」などの活動に対して、情報提供や制度の充実を図り、安全・安心のまちづくりに向けた様々な課題に地域とともに取り組んでいます。

この度、区民の皆さんへの安全・安心に関する情報提供をさらに推進するため、青葉区役所はイッツ・コミュニケーションズ株式会社、横浜コミュニティ放送株式会社とそれぞれの間で「相互協力協定」締結いたします。この協定締結により、(疹鏤における防災意識の普及啓発広報等の充実、∈匈嘉発生時における迅速な情報発信、が可能となります。

具体的な取組内容は次のとおりです。

※ イッツコム:イッツ・コミュニケーションズ株式会社の略称です。
※ FMサルース:横浜コミュニティ放送株式会社が運営するコミュニティFMです。

 

 

■具体的な取組
1 災害発生前
  (1) 防災訓練への参加 (訓練への参加、事前告知・当日取材など適宜対応)<イッツコム・FMサルース>
  (2) イッツコムチャンネル『暮らしの情報』等文字情報番組にて、防災知識の紹介・防災情報の提供<イッツコム>
  (3) FMサルース『防災あおば』等番組にて、定期的な防災知識の紹介・防災情報の提供<FMサルース>
  (4) 帰宅支援マップの配布による区民の防災意識促進<イッツコム・青葉区役所>
  (5) 青葉区役所の各媒体(広報区版、区ホームページ等)でのイッツコムチャンネル/FMサルースの広報・PR<青葉区役所>
  (6) 青葉区役所を拠点とした放送手段の検討<FMサルース・青葉区役所>
  (7) 上記実施に合わせた定期的な防災連絡部会の実施<イッツコム・FMサルース・青葉区役所>
2 災害発生後<イッツコム・FMサルース・青葉区役所の3者が連携して実施>
  (1) 区民に対する避難勧告等の放送
  (2) 青葉区及び関係機関が講じた対応についての放送
  (3) 災害に関する各種情報についての放送
  (4) その他、青葉区が要請した放送

なお、イッツ・コミュニケーションズ株式会社、横浜コミュニティ放送株式会社は、地域メディアとして、それぞれの特性を活かし、今回の「相互協力協定」をベースに、今後も青葉区とともに「安全・安心のまちづくり」に向けて積極的に取り組んでまいります。

協定の締結  
  【締結日時】 平成20年10月1日(水) 16時〜
  【締結場所】 青葉区役所4階特別会議室(青葉区市ケ尾町31−4)
  【締結者】 イッツ・コミュニケーションズ株式会社 代表取締役社長 渡辺 功
横浜コミュニティ放送株式会社 代表取締役社長 村田 和夫
青葉区長 細谷 延
  ※取材の場合は、当日、区役所4階71番総務課庶務係までお越しください。
問合せ:青葉区総務課庶務係 TEL.045-978-2213 FAX. 045-978-2410
FMサルース青葉区防災番組「防災あおば」平成20年10月放送開始!
<概要説明>  
  【番組名称】 防災あおば
  【放送日時】 毎週月曜日午後3時から、日曜日午後5時から(5分)  ※10月6日スタート!!
  【番組内容】 青葉区の防災に情報を特化した番組。避難場所の案内、避難のしかた、日頃の備えなどの啓蒙的な内容から、青葉区内の防災関係者へのインタビューまで、幅広く区民へ防災情報の発信を行います

【参考資料】
 ● イッツ・コミュニケーションズ株式会社の概要
  代表取締役社長 渡辺功
イッツコムたまプラーザ社屋
  本社事務所 川崎市高津区久本3丁目5番7号 新溝ノ口ビル
  設立 昭和58年3月2日
  事業開始 昭和62年10月2日
  サービスエリア 東京都渋谷区・世田谷区・目黒区・大田区・町田市、
川崎市宮前区・中原区・高津区、
横浜市緑区・青葉区・港北区・都筑区
※各一部地域を除く
       
 ● 横浜コミュニティ放送株式会社(FMサルース)の概要
  代表取締役社長 村田 和夫
FMサルースのようす
  所在地 青葉区新石川2丁目1番5号
  設立 平成14年7月15日
  開局 平成14年10月20日
  無線の種類 超短波放送局(コミュニティ放送)
  周波数(空中線電力) 84.1MHz(20W)
  サービスエリア 横浜市青葉区を中心とした電波による受信可能エリア
※イッツコムサービスエリアではケーブルテレビ経由で視聴可

閉じる